ホワイトニングの歯磨き粉のおすすめランキング最新版

歯が白くなる!おすすめホワイトニング歯磨き粉はどれ?

 

ホワイトニング歯磨き粉とは?

 

清潔感あふれる白い歯は誰もがあこがれるものであり、その人の表情をも明るく見せてくれるほど大きな影響を持ちます。歯の漂白は本格的にやろうとすると歯科医にいかねばならず、定期的な歯石や汚れ除去は保険適用内で行えますが、歯本来の白さ以上に白くしようとすれば保険がきかないため一気に高額な費用が必要となります。そこで、まずは自宅で手軽に行える歯の漂白法としてホワイトニング歯磨き粉を使うところから始めてみましょう。

 

ホワイトニング歯磨き粉とは、その名の通り歯を白くする成分を含む歯磨き粉の総称で、着色汚れを落とす効果に優れるものから実際に白い色素を歯へと供給し積極的に歯を白く見せるものまで、その種類は様々です。

 

高品質なものですとやはり普通の歯磨き粉よりは割高になりますが、とはいえ審美歯科で自費での漂白を行うよりはずっと割安ですので、手軽かつ安価に歯のホワイトニングを行いたい人にはうってつけです。

 

また本格的に漂白を行いたいという方も、まずはホワイトニング歯磨き粉から始めてみるのがおすすめです。費用を惜しまないといってもホワイトニング歯磨き粉で済めばそれに越したことはありません。

 

ホワイトニング歯磨き粉は前述の通り目的も作用機序も様々ですので、自分に合った歯磨き粉を選択することが重要です。汚れをしっかり落として自然な乳白色を取り戻したいのか、より白い歯を手に入れたいのか、目的をしっかり把握した上で適切な商品を選びましょう。

 

その効果は?どれくらいの期間使えば歯が白くなる?

 

ホワイトニング歯磨き粉は手軽で安価に歯の漂白が行えますが、その代わりやはりある程度の期間使い続けなければ効果は得られません。もちろん何年もかかるというわけではありませんが、少なくとも2〜3ヶ月の継続利用が必要とされます。

 

審美歯科で漂白を行えば、施術内容にもよりますが数回ではっきりとした効果が得られるため、それと比べるとやや気の長い話にはなりますが、自分に合ったホワイトニング歯磨き粉を用いれば確実に歯は白くなっていきます。

 

ある程度継続して利用しなければならないだけに、効果があるかどうかすぐには判断できません。したがって、購入し利用し始める前にその歯磨き粉がどのような性質を持った歯磨き粉なのかきちんと調べる必要があります。

 

たとえば着色汚れがついていない乳白色の歯をさらに白くしたいと考えたとき、着色汚れを効果的に落とす効果を指して「ホワイトニング歯磨き粉」と謳っているものを使っても効果は得られません。その上、効果が得られないことは数ヶ月使ってみないとわからないのです。

 

逆に着色汚れが強い状態でそれを落とさずに美白成分を中心としたホワイトニング歯磨き粉を用いても同じように効果はいまいちとなります。

 

歯の黄ばみを落として歯本来の白さを取り戻したいのか、それよりもさらに歯を白くしたいのか、どちらにウェイトを置いた商品なのかをきちんと確認の上で購入し利用しましょう。

 

ホワイトニング歯磨き粉の失敗しない選び方

 

歯を白くするために使用するホワイトニング歯磨き粉にもたくさん種類があります。選ぶときにはどのような成分が使われているのかが重要です。

 

研磨剤は細かい種類を選ぶ

 

ホワイトニング歯磨き粉によく使用されているのが研磨剤です。研磨剤は荒い種類と細かい種類があるのですが、できる限り細かい方がよいでしょう。

 

なぜなら歯の表面のエナメル質を必要以上に削ってしまうからです。細かい種類であれば、しっかりと汚れた部分だけを落とすことができるでしょう。

 

有効成分は使われているか

 

ホワイトニング歯磨き粉を選ぶ上で重要なことは、有効成分が使用されているかどうかです。そんな中でも安全で効果的と言われているのが、ポリリン酸ナトリウムとポリエチレングリコールです。

 

この2つの有効成分が使用されているだけでも、効果に差が出てくることは確実でしょう。購入するときには、この2種類の有効成分が使用されているのかをきちんと確認してから買うべきです。

 

価格を重要視するべきではない

 

近年は政治家の悪政により、生活が苦しい人が多くなっています。そのため、ホワイトニング歯磨き粉を選ぶときにも、価格を重要視する人が多いと言えるでしょう。

 

同じ種類でも値段の差があるので、その中で安い価格のホワイトニング歯磨き粉を選ぶのは問題ありません。しかし、きちんと有効成分が含まれているのか、効果はきちんと出るのかなどの情報収集をして、問題がないか確かめることも重要です。

 

ホワイトニング歯磨き粉の使い方と使用頻度は?

 

ホワイトニング歯磨き粉には使用方法があります。きちんと使用用途に沿って利用しなければ、十分な効果を出すことは難しいでしょう。

 

強くこすってはいけない

 

ホワイトニング歯磨き粉を使用するときに注意するべきことは、強くこすってはいけないという点です。多くのホワイトニング歯磨き粉には研磨剤が使用されています。

 

そのため、強くこすってしまうと歯だけではなく、歯茎にもダメージを与えてしまうことになるでしょう。やさしくこすることが基本的な使用方法になっているのです。

 

黄色い部分だけをこする

 

普通に歯磨きをするときには、磨き残しがないように全体をきちんと磨くことが重要になります。しかし、ホワイトニング歯磨き粉を使用するときには、全体をきれいに磨くべきではありません。

 

黄色くなっている部分だけをやさしく磨くのが基本なので、忘れないようにしましょう。黄色い部分だけを磨いたら、素早く歯をゆすぎましょう。ゆすぐときには歯磨き粉の残りがないように念入りに行います。

 

使用頻度にも注意が必要

 

歯磨きは通常1日2回行うという人が多いでしょう。では、ホワイトニング歯磨き粉を使用した歯磨きはどうなのかというと、1週間に1度だけ行うようにします。

 

たくさん行えばそれだけきれいにはなりますが、歯へのダメージが大きくなってしまうのです。歯へのダメージを少なくして、しかもしっかりと黄ばみを落とすためには、1週間に1回がベストだと言えるでしょう。

 

ホワイトニング歯磨き粉の口コミ

 

ホワイトニング歯磨き粉を選ぶときには、実際に使用したことがある人の口コミを参考にするとよいでしょう。そこで実際に使用した人の口コミを紹介します。

 

50代男性の口コミ

 

年齢のせいか、歯の黄ばみがかなり目立つようになってきました。そこでホワイトニング歯磨き粉を使用してみたのですが、最初は不安なことばかりでした。

 

評判のよい種類を選び、情報収集をして使ってみると、黄色かった歯が見違えるように白くなったのです。また黄色くなってきたときには、ホワイトニング歯磨き粉のお世話になると思います。

 

30代女性の口コミ

 

仕事が忙しくて歯医者に行く機会がありません。私の近所にある歯科医院は、仕事が休みの日曜日にしか診察をしていないので、ホワイトニングを行うことができません。

 

そこで注目したのがホワイトニング歯磨き粉なのですが、使ってみるときれいに白くなったのです。あまりやり過ぎるのはよくないと書かれていたので、黄色くなってきたらまた使います。

 

20代男性の口コミ

 

友人に歯が黄色いとからかわれてショックを受けました。何とか改善できないかとスマートフォンで情報収集をしていたところ、ホワイトニング歯磨き粉を発見したのです。

 

有効成分が使用されている種類、そして研磨剤の粒が細かい種類を選んで早速使ってみました。数回使用したら以前のように白い歯に戻ったのです。歯が白くなってからは、友人にからかわれることもなくなったのでよかったです。

更新履歴